ケーエスエンジニアリング株式会社
ケーエスエンジニアリング株式会社事業内容

金型事業-設備と技術-

加工機械はDNCシステムによってコントロールされ、3次元データをそのまま金型加工現場に活かすことができます。現在5台の機械がDNCのコントロール下にあり、よりスピーディーな加工につながっています。当社の大型マシニングセンターは、工具を回転させる力が強い機械を採用しており、粗彫り加工に適しています。これらの最新設備を活用し、粗彫りから中仕上げまでがCNC高速加工、仕上げ彫り加工はCNC超高速加工です。すべての切削ゾーンは無人の連続運転で、高品質・短納期を実現しています。各種マシニングセンターを中心に、中ぐりフライス盤、放電加工機など、充実した設備を誇ります。

マシニングセンターによる粗彫り加工

地図の等高線を思い浮かべるとイメージしやすいでしょう。渦状に工具が移動していき、効率的な重切削が進行します。短時間に膨大な切削量を誇るCNC大型マシニングセンターは、納期短縮に有効です。

クリックすると動画をご覧いただけます。

アングルヘッドを用いた加工
CNC大型マシニングセンターに、アングルヘッドを装着した状態です。完全無人運転によってスピーディーに、高精度な大型樹脂金型を完成させます。
デジタルボードによる組立調整
金型の組立作業にも、デジタルボードを採用。製作現場にも3Dデジタルデータを浸透させることで、3次元設計を軸にした効率的な製造工程が構築されています。
プライバシーポリシー